健康保険取扱いについて

syoumeisyo01_02

柔道整復師の施術を受けられる方へ

■保険を使えるのはどんなとき

●整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
●なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

引用元:厚生労働省 柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて

柔道整復師の業務範囲は柔道整復師法により規定されており、打撲、捻挫や挫傷(肉離れ)等では柔道整復師自身の判断で施術することが認められています。
脱臼、骨折は、応急の場合を除き、持続して施術を行う場合は医師の同意が必要です。

捻る、伸ばす、ぶつける、転ぶ等が原因で起った捻挫・打撲・筋肉や靭帯の損傷などのケガが該当します。
ぎっくり腰・寝違え・打ち身・肉離れ・突き指なども含まれます。
慢性的な肩こりや腰痛、内科疾患に起因する痛みなどに対する施術は健康保険の対象外となります。

■治療をうけるときの注意

●単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
● 療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。
●このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。
● 柔道整復師が患者の方に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に患者の方のサインをいただくことが必要となります。
●保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を受けても保険等の対象になりません。

引用元:厚生労働省 柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて

当院での流れ
① 窓口で患者様は健康保険被保険者証の提示を行い、問診票に記入してもらいます。
② 問診票を基に施術室にて負傷原因を聴取すると共に、症状所見の確認を行います。
③ ※保険施術の適用となる傷病であれば施術いたします。
④ 施術終了後、請求内容にご同意頂ければ療養費支給申請書(レセプト用紙)に署名(受領委任)をしてもらい、施術料金の一部負担金相当額を徴収します。

※保険施術の適用とならない場合、施術をお断りするか(あるいは医療機関への紹介)、自費施術に関する説明(施術内容および施術料金など)を行います。
自費の場合、署名は必要ありません。

The following two tabs change content below.

白川 徳賢

1973年5月9日生まれ 丑年 牡牛座   干支と星座が重なる時期に生まれた人は、72人に1人の割合だとか。 未だに田倉牛神社へ参拝していない不届き者です。   趣味 海の中でお魚と睨めっこ

最新記事 by 白川 徳賢 (全て見る)

シェアする

☆フォローしていただくと更新情報が届きます!!