「 身体部位・傷病名 」一覧

捻挫の早期改善&癖にさせないために

捻挫の早期改善&癖にさせないために

捻挫は的確な施術を受ければ、早期に改善でき、クセになることなくスポーツを楽しむことができます。 捻挫は、ひどい場合だと数か月、あるいは数年間、長期化し違和感や痛みを伴いつづけることもあります。 しかも、腫れや痛みが無くなっても足関節の可動域は低下しているので適切な対処をしていないと膝や腰に負担が掛かり新たな痛みを生む可能性があります。

顎関節症

顎関節症

顎関節部周辺の筋肉の痛みと緊張、関節内部の障害、関節炎、強直症、可動域の制限などによって頭痛、咀嚼筋の圧痛、関節のクリック音などが主な症状になります。