長距離運転で腰を痛める方の共通ポイント

腰痛の方が知らないうちに長時間・長距離運転で負担をかけているポイントを私の臨床経験から述べたいと思います。

骨盤矯正(形では無く中を変える)

私が重点に置いているのは、骨盤の「中身」、つまり骨盤内部の緊張・偏りを把握し改善することです。

腰椎すべり症を改善へと導く

腰椎すべり症の方は身体の重心が安定していない、足の裏に体重が綺麗に乗っていないなどの傾向がよくみられます。 重心が足の裏ではなく足の先や踵の後ろだったりとかなりの重心偏移がみられます。

腰椎分離症はなぜ再発するのか?

当院ではなぜ腰椎の後方部分に負担が掛かるのか? 独自の検査を通して要因を分析し施術します。

腰椎椎間板ヘルニアはなぜ再発するのか?

腰椎椎間板ヘルニアと診断されても、最近は出来る限り手術は行わない方向になっています。 なぜならば椎間板ヘルニアの多くは数ヵ月程度で自然に縮小、消失すると海外の論文でも多数発表され明らかになってきたからです。

毎年ぎっくり腰になる原因・理由【岡山のぎっくり腰、この時季注意!!】

いつも同じ対策・処置を繰り返していると再発を繰り返してしまいます。 繰り返さない為には、根本原因を徹底解析し改善へと舵を切らなければなりません。 原因は個人によって様々です。

地べた座りをしていると・・・

お尻が冷やされると血行の滞り(痔になりやすい)や、お尻周りの筋肉の緊張(腰痛を誘発)を生む結果になります。 筋肉は硬く冷たい物に圧迫され続けると筋硬結(筋肉が病的に硬くなった状態または筋繊維の膠着)を生ずるという研究結果が出ています。

妊娠中・産後の方の施術

出産後3カ月の方が来院されました。症状は肩こり・腰痛等。 検査するとかなりの反り腰になっており、つま先に重心が偏っていました。

長期間ムチウチ等の交通事故傷害で苦しんでいる

レントゲンやCT等の検査では異常を認められないのに長期間ムチ打ちの痛みで苦しんでいる。

ぎっくり腰!!初日の対処が大事!!

ぎっくり腰などの急性腰痛を受傷した場合、一般的に安静にするのが常識です。 しかし、当院では ギックリ腰になったら安静にはしないで下さい。 負担を掛けず無理しない程度に動かしましょう。 歩く事が出来るようになったら、すぐに施術を受けましょう!!