ドライブレコーダーは絶対設置しましょう!!

それは突然やってくる

先日、運転でヒヤッとした事がありました。

まずは、動画をご覧下さい。

信号無視に全く気付いていないかのような左からの直進車。

先頭の車、右の自転車、対向車の軽トラがいち早く察知したので衝突することなく無事に通り過ぎましたが、一歩間違えれば大変な事故になっていたと思います。

ドライブレコーダーがあれば

もし事故が起きた場合、

証拠動画があれば、加害者と被害者ははっきりします。

ですが、それは証拠となる動画があるからであって無い場合、

加害者と被害者の証言とその時の周りの証人の証言で加害者と被害者の過失が決まってしまいます。

以前、夜間交通量の少ない道路で信号無視の車と衝突して頸部~腰部にかけて痛みを訴えて来院された患者さんがいました。

信号は青だったと相手が主張し続けたため、過失割合は50:50になってしまいました。

自分に非が無い事故でも責任を問われてしまうケースが非常に多いのでドライブレコーダーの設置をお勧めします。

ドライブレコーダーの映像や音声が証拠として認められる判例が多くみられます。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーを選ぶ基準

認められる判例が多くみられます。」という部分が引っ掛かる方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

ドライブレコーダーの画質が悪く、信号の赤青黄色を識別できない動画は証拠として採用されません。

・画質はフルハイビジョン以上

・HDR(ハイダイナミックレンジ:逆光や夜間走行時の街灯、トンネルの出入り口など明暗差が激しい環境時におきる「白とび」や「黒つぶれ」を抑え明瞭な映像を記録します)などの機能を搭載したドライブレコーダーをお勧めします。

保険会社によってはドライブレコーダー搭載車には自動車保険の割引も受けられる場合があります。

事故にあってからでは遅いので、まだの方は是非早めに設置しましょう。

万が一、事故に遭遇したら下記を参照して下さい。

交通事故について
交通事故に関する施術や自賠責について、あるいは症状固定と言われ困っている等お気軽にお問い合わせ下さい。

I hope you have a wonderful day.

LINE@でも予約・変更を受付けております。

LINE@ID:@naosimasu

当院の患者様またはご家族の皆様
BCトータルバランスシステムの施術を受けられた方限定ネットショップ