マラソンで持久力・スタミナをつけるには[別の視点から]

マラソンで持久力・スタミナをつけるには?DEAREI

持久力・スタミナとは

持久力(スタミナ)の1つの指標として最大酸素摂取量が挙げられます。

酸素摂取量とは、体内に酸素を効率的に吸収できる能力を現し、この数値が高ければ高いほど体内でエネルギーをより多く生成する事ができ、持久力・スタミナが高いと言えます。

最大酸素摂取量

一般男性:40~55ml/kg/min

男性アスリート:70~90ml/kg/min

一般男性に比べ、男性アスリートの数値が大きいのが分かります。

マラソンで持久力・スタミナをつけるには?

トレーニング

主なトレーニングとして有酸素運動、インターバルトレーニング等が挙げられます。

ここでは、詳しくは述べませんが様々なトレーニング方法がありご自身にあったトレーニングを選択されたら良いと思います。

大事なのは継続する事です。

継続することで季節やその時の身体状態に合わせたトレーニングを自身の蓄積した経験で選択することが出来ます。

そのような状況に到達していれば必ず持久力・スタミナはアップしています。

トレーニングも重要ですが、食生活、生活環境を整備するのも持久力向上に繋がるとても重要な要素です。

規則正しい生活リズム、胃腸に負担を掛けない食生活。

それらを守ることが出来ず、夜更かし後のトレーニング、あるいはお酒や脂っこい物を摂取した翌日のトレーニング。

とってもしんどいですよね。でぇれぇえらい(岡山弁:とってもしんどい)。

皆様、経験があると思います。

最大酸素消費量が上がったけど

持久力・スタミナそのものをアップさせるのも大事ですが、ご自身の持久力を効率良く使うのもとても大事な事になります。

最大酸素摂取量が高くても、身体を効率良く動かせない、またはブレーキを掛けるような走り方をしていたらせっかくの身体能力も活かせません。

身体を効率よく動かすまたはブレーキを掛けない走り方は、当院でも指導させて頂いていますがこれらを文章で伝えるのは非常に難しいです。

今回は、違う視点から別のアプローチを綴りたいと思います。

脳は酸素食い

脳は大量の酸素を消費します。
脳は体重の約2%の重量しかありませんが、全身で消費するエネルギーの実に約20%を消費していると言われています。

脳は酸素食い

脳の酸素消費を抑える事が出来れば、身体へその余力を回すことが出来ます。

普段、日常生活で脳が大量に酸素を消費していることはなかなか自分自身で感じにくいことですが、環境が変わればとても感じるというよりは痛感させられます。

例えば、素潜り。

私は趣味で素潜りをしています。

タツノオトシゴ~瀬戸内海~

タツノオトシゴと戯れている動画で、この日は瀬戸内海にしては、かなり透明度の良い日で・・・

失礼しました。話が逸れてしまいました。

素潜りは肺に溜めた限られた酸素で、海の中に潜水し行動をします。

潜水している間、少しでも【心が揺れる】と息止めの時間はとても短くなります。

心が揺れなければ、潜水時間は飛躍的に伸びます。

【心が揺れる】

それは、自分の場合は恐怖だったり、雑念だったりします。

初めての場所で潜る場合は、知らない地形なのでやはり恐怖が心を支配しようとします。

ひとたび、恐怖が出てくると要らない雑念が沢山やって来たり非効率な思考に陥ったりします。

サメが出てきたらどうしよう・・・流れが急に変わったら・・・魚網があったらどうしよう・・・レジャーボートや水上バイクが急に来たら・・・

どんどん負のスパイラルに落ち込んで不必要な考えばかりをしてしまいます。

身体の動きも固くなりぎこちなくなります。

慣れた場所の海でも、帰りはカツオのたたきを食べようかな?いや、やはりあそこのラーメンを食べようかなと、また要らない考えをしてしまいます。

要らない考えが沢山出てくるという事は、それだけ脳が活発に動いている証拠です。

心の揺れは貴重な酸素を浪費します。

私は対策として潜っている時は、目の前の海に集中するようにしています。

そうすると雑念が現れても直ぐに何処か彼方に消えて行きます。

雑念を消し、今を集中する

ランニングも周りの環境に集中し溶け込み、純粋に気持ちよく走ることを心掛ければ持久力・スタミナはかなり違ってくると思います。

かなり抽象的な説明になったかもしれませんが、普段の日常生活から目の前の出来事に素直に集中する事がとても大事な事になると思います。

目の前の出来事に集中する事と一点集中を混同しないよう心掛けて下さい。

42.195kmを雑念無く集中して走れば結果は大きな違いとして現れますよ。

 

I hope you have a wonderful day.

 

LINEでも予約・変更を受付けております。

友だち追加

LINE友達追加
https://lin.ee/CE7hIHm

 

当院の患者様またはご家族の皆様
BCトータルバランスシステムの施術を受けられた方限定ネットショップ

 

 

タイトルとURLをコピーしました