オスグッド病~要因を分析し早期改善~

オスグッド

オスグッドで膝が痛いので、

スポーツ活動を休み、ストレッチやアイシング、マッサージ、サポーターなどをしているが・・・なかなか改善しない。

またはしばらく休んで痛みが治まってもスポーツ活動を再開すると再発してしまう。

更に「オスグッドは成長痛なので成長が止まれば改善する。」

と思われている方がとても多くいらっしゃいます。

実際、オスグッドを放置して身体の成長が止まったにもかかわらず痛みが長引き酷くなり来院された方がいらっしゃいます。

しかも放置をしていると知らず知らずのうちに患部を庇う変な動きが癖になり身に着いてしまいます。

大事な成長期に非合理的な動作で過ごすことで体全体の使い方がおかしくなってしまいます。

痛みが改善したとしてもスポーツにおいて本来の力が発揮されない身体になります。

または新たなケガ(腰痛、肩、肘など)の原因にもなります。

成長も一つの要因ですが、もっと大きな要因があります。

放置せず、早めの施術と対策が重要です。

何年も苦しみ、貴重な時間を浪費しない為にも早めの受診をお願いします。

オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)とは

オスグッドは正式にはオスグッド・シュラッター病と言われています。

一般的には呼びやすいようにオスグッドと言われております。

膝の前面(脛骨粗面)に腫れや痛みをひきおこす骨端症の一種で、小学生高学年から高校生の運動をしている子どもに起こりやすい怪我です。

オスグッド説明

症状

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突び出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったり炎症を起こします。運動を休んでいると痛みが治まりますが、スポーツを再開すると痛みが再発します。

放置すればするほどオスグットは難治性になり治癒に数年を要する場合もあります。

当院の施術方針

今、オスグッドで苦しんでいるスポーツ選手の方。その中には何年も苦しんでいる方もいらっしゃると思います。是非私と一緒に頑張りませんか?
必ず良くなりますよ。要因を分析し改善プログラム(施術プロセスと身体に合わせたエクササイズ)を組み立てて施術をしていきます。

痛みはその場で改善しますが、克服の目安としては5回ぐらいみて頂ければと思います。
ただしかなり日にちが経過 しているものや、重症例などはそれ以上かかる事もありますし、早期のものや、軽症例の場合1回で良くなるものもあります。

まずは一刻も早くお電話をお願いします!!

当院ではBCトータルバランスシステムを行うことにより、オスグッド病を克服してきました。

一般的に、太ももの前の筋肉が硬くなってしまい更に運動を続けることで成長軟骨と呼ばれている傷みやすい所に負担がかかり、炎症を起こし痛みや症状が出るのがオスグッドの原因と言われています。

その為に、太ももの前の筋肉を緩める為にアイシングやテーピング、マッサージをするのが多いのではないでしょうか?

一時的に緩んでも少し動けばまた痛みが出てくる。

硬くなる要因を分析し対策しないと太ももの前の筋肉は硬いままです。

太ももの前の筋肉がなぜ硬くなるのか?

本当の要因は姿勢と動きにあります。

姿勢が悪いから太ももの前の筋肉ばかりが張ってしまい、

そこの筋肉が硬くなってしまいます。

姿勢が悪いことで動きも悪くなり、

関節の柔軟性も失われ更に同じ所に負担がかかってしまいます。

根本の要因である姿勢と動きから改善する事で怪我から最短での復帰を目指し、

今後も同じ怪我で苦しまないよう施術させてもらっています。

施術後は日常で気を付けてほしいことや身体に合わせた改善エクササイズなどを指導します。

日常生活で姿勢を悪くするようなことばかりしていては、中々怪我も改善しません。

一日でも早く良くなり気持ち良くスポーツ活動を楽しみましょう。

I hope you have a wonderful day.

LINE@でも予約・変更を受付けております。

LINE@ID:@naosimasu

当院の患者様またはご家族の皆様
BCトータルバランスシステムの施術を受けられた方限定ネットショップ

シェアする

☆フォローしていただくと更新情報が届きます!!