労災について

workers

労災が適用されると、施術代の自己負担はありません。

ただし、通勤途中や業務行為が原因のケガ(腰部捻挫など)は、健康保険を使用した施術はできません。その為、労災を適用しない場合は、基本全額自己負担、自費になります。

通勤途中や業務行為が原因のケガ(腰部捻挫など)は、労災扱いが可能の場合があります。

通勤途中での交通事故は、自賠責ではなく労災扱いになる可能性があります。

ご不明な点があれば、いつでも整骨院へご相談下さい。

労災扱いを希望する場合は、勤務先担当者や労働基準監督署と相談して手続きをお願いします。勤務先または労働基準監督署の協力が無いと書類は作成できません。

病院で扱う労災請求書と整骨院で扱う労災請求書は用紙が違うので注意が必要です。
整骨院用の労災請求書が必要の場合はご連絡ください。こちらでご用意できます。

 

詳しくは

お仕事でのケガ等には、労災保険! – 厚生労働省