骨盤矯正(形では無く中を変える)

当院では全身調整の一過程として骨盤の調整もしています。

よく患者さんから、「骨盤の右側が上がっている」等の相談を受けます。

骨盤の右側あるいは左側が上がっていたり下がっていたり、開きぎみ閉じぎみ、捻れていたり・・・人によって骨盤は様々な状態を呈しています。

上記のような「形」を私は一つの目安として捕らえています。

私が重点に置いているのは、骨盤の「中身」、つまり骨盤内部の緊張・偏りを把握し改善することです。

この「中身」の偏りと緊張は、外の「形」だけではなかなか分かりづらく全身との係わり合いと私の手の中で把握し改善するしかありません。

骨盤内部の緊張・偏りが改善してくると、患者さん自身ベッドから立った瞬間、施術前との足の裏の着地感覚が全く違うのでビックリします。

重心が安定するので、お子さんを抱っこしたり、授乳する時に疲れにくくなり軽く感じるようになります。

お子さんも重心が安定しているお母さんに抱かれると、とても安定感を感じるのか以前より落ち着いたと良く聞きます。

当院では「形」だけの変化ではなく、「中身」の変化・改善を行います。

恐竜の骨盤

恐竜の骨盤の大きさにもビックリしましたが、腸骨と比較した恥骨の巨大さには更にビックリしました。

恐竜の骨格を見学して感じたのは、下肢の動きと恥骨の関係はかなり重要なんだなと思いました。

I hope you have a wonderful day.

LINE@でも予約・変更を受付けております。

LINE@ID:@naosimasu

当院の患者様またはご家族の皆様
BCトータルバランスシステムの施術を受けられた方限定ネットショップ

シェアする

☆フォローしていただくと更新情報が届きます!!