四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)の改善ポイント

五十肩

五十肩とは

「五十肩」は一般的に知られていますが、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。
肩関節周辺に炎症が起こることで肩が痛み、関節の動きが制限される症状を肩関節周囲炎と言います。ある日突然肩周辺に痛みを感じ腕が上がらなくなったり、症状によっては髪をセットしたり、服を着替えたりすることが困難になる場合もあります。

以前は50代の中高年以降に発症することが多いためこのような病名がついていましたが、現在の傾向としては、40代以降に発症する事が多く四十肩とも呼ばれています。
四十肩、五十肩ともに発症する年齢が違うだけで、どちらも同じ病気です。

しかもここ最近の傾向として30代以降でも増えつつあるので三十肩と呼ばれる日は近いかもしれません。

四十肩・五十肩になるとどうなる?

四十肩や五十肩は「肩が痛くて上がらない」というイメージが強いと思いますが、腕の上げ下げ時だけでなく、普段の生活にも支障が出る場合があります。四十肩や五十肩のつらい症状を下記でまとめてみました。

・夜中にズキズキと肩が痛んで眠れなくなることがある

腕を上げ下げする時だけでなく四六時中痛む場合もあり、人によっては就寝時に痛みを大きく感じるケースがあります。頭痛のように脈を打つようなズキズキとした痛みが特徴で、なかなか眠れない人も多いようです。じっとしている時の方が痛みを感じやすくなる傾向があります。

・痛みで目覚めてしまうことがある

ようやく眠りについても、夜中に痛みで何度も目覚めてしまうことがあります。その為、慢性的な睡眠不足に陥り、日中でも頭がボーッとしたりストレスを感じたりして仕事に支障をきたす場合もあります。

肩が痛くて眠れない場合は痛いほうの肩を上にして横向きに寝る、または天井側の膝をくの字に曲げた時にベッドとの間に座布団や布団(抱き枕のように)を当ててやると楽に眠れる場合があります。また、仰向けの時は背中に布団や座布団をあてて肩をやや高い位置に保つと楽になることが多いです。

放置せず、医療機関へ受診しましょう。

肩関節周囲炎以外にも、腱板断裂(けんばんだんれつ)、石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)、上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)、関節リウマチ、変形性肩関節症、頸椎神経(けいついしんけい)の圧迫、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)など手首の神経の病気でも肩は痛くなります。

腱板損傷・断裂を改善へと導くアプローチ
肩の使いすぎや老化が主な原因のように記されることが多いですが、投手だから高齢だからとなる訳でもありません。ベテラン投手でも全く腱板に異常が無い方もいらっしゃいます。 逆にスポーツを全く経験したことが無い20代の方が痛めたりする場合があります。

また、狭心症など心臓に疾患があると左肩に痛みが出る場合があります。また胃がんや肺がんがろっ骨や肩甲骨のあたりに転移して肩の痛みや動きが制限される場合もあります。

「肩が痛い」、「腕が上がらない」という症状から「これは五十肩だな」と自己判断し、「しばらくすると自然に治るだろう」と楽観して医療機関にも行かず放置している方々がいらっしゃいます。もしかしたら重篤な病気が隠れている場合もあります。

放置せず、医療機関へ受診しましょう。

当院では患者様の状態により提携病院へ検査をお願いすることもあります。

まずはご自身の病気が何なのか把握しましょう。

重篤な病気では無くても、放置していると肩関節の動きを滑らかにする部分である肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)や関節包(かんせつほう)が、四十肩や五十肩での炎症により癒着する可能性があります。こうなってしまうとさらに肩が動かせなくなり、いわゆる固まった状態になってしまいます。癒着してしまうと仮に炎症が治って痛みが無くても、なかなか肩が元通りに動かないことが多々あるので十分に注意しなければいけません。

発症してから期間が長ければ長いほど個人差もありますが改善期間も長くなる傾向です。

1年、2年放置しているからもうダメだ!?

諦めないで下さい!!

そのままず~と放置せず受診しましょう!!

癒着の状態、炎症の有無、胸郭の動き、骨盤股関節の動きなど多角的に見ることによって改善の余地はまだまだあります。

発症しやすい人・発症しやすい条件

四十肩・五十肩は、40代以降の人に発症しやすいという共通点があります(30代以降でも増えつつります)。
男女差、運動習慣の有る無しなどでは発症の差がありません。また、左右の発生率についても違いがなく、利き腕だから発症しやすいということもありません。普段から運動などをしている健康な人でも、運動不足でメタボ体質の人も発症することがあります。

ただし若い時に野球などのスポーツで肩を酷使し、痛めたことがある人は発症しやすい可能性があります。また普段から猫背あるいは背中を反りぎみ傾向の姿勢の方は重心が偏りやすいため、四十肩・五十肩のリスクが高まります。普段から正しい姿勢を意識しましょう(姿勢を正そうと反ったりすると新たな偏りを生むので注意)。
また不規則な生活習慣、慢性的な睡眠不足、偏った食事、血行不良を招くハイストレスな生活習慣も同じく、四十肩・五十肩のリスクの1つと言われています。

当院の施術方針

四十肩・五十肩で苦しんでいた方を数多くみさせて頂きました。

四十肩・五十肩で苦しんでいる方は、肩関節の動きも含めて、胸郭または骨盤・股関節の動きが非常に悪いのが特徴的です。

どうしても炎症が起きている肩関節ばかりに目がいってしまいそこだけを治療あるいは運動療法を実践して改善しようと試みてしまいますが、肩関節は胸郭・骨盤・股関節の動きと密接に繋がっていてそれらの動きも改善しないと肩関節の炎症・動きはなかなか改善しません。

例えば胸郭の動きが悪いだけで、肩関節の動きは阻害されてしまいます。胃がんや肺がんがろっ骨に転移して肩が上がらなくなるのはそのためです。

肩関節だけでなく、胸郭、骨盤・股関節の動きを綿密に検査しこれらの動きを阻害している要因を探し出し改善して肩関節を本来の滑らかな動きへと導き炎症を抑えていきます。

肩峰下滑液包や関節包などに癒着がみられる場合は、1MHzを用いた深部温熱治療器「スカンラブ25」を用いて施術していきます。

I hope you have a wonderful day.

LINE@でも予約・変更を受付けております。

LINE@ID:@naosimasu

当院の患者様またはご家族の皆様
BCトータルバランスシステムの施術を受けられた方限定ネットショップ

シェアする

☆フォローしていただくと更新情報が届きます!!