水滞(すいたい)タイプの食養正

「食べ物は食べる薬」

食べ物はどうしても含まれている栄養素に耳目を集めてしまう傾向ですが、

東洋医学では食材それぞれの味や性質に基づいて体質に合わせた食材・調理を示し、病気の予防あるいは回復へと導きます。

例えば、ミカンとオレンジ。栄養素ではビタミンCが豊富な柑橘類ですが、ミカンは身体を温め寒気を払う働きがあります。オレンジは利尿・消炎作用があり、身体の余分な熱や毒素を追い払う働きがあります。

同じ柑橘類でも性質は全く違ってきます。

古代中国では、「食医」が王の体調に合わせて食材を選び、料理を作っていました。

まさに食べ物は食べる薬、中国では「医食同源」と表現します。

えれぇな~(岡山弁で疲れたという意味)

上記の食養生を実践するには、自分の体質に合った食事を取らなければなりません。

まずは、現在の自分の体質を調べましょう。

東洋医学では、身体のタイプを大きく6つに分類します。

今回お伝えするのはその一つである「水滞(すいたい)」です。

これまでに

気虚(ききょ)タイプの食養生
「気」が不足し、身体全体の活力が低下している状態。「気」=エネルギーが足りない為に、常に疲労・倦怠感、冷えがあります。免疫力も低下しやすいので風邪を引きやすく治りにくい。胃腸も弱い為、食が細く、胃もたれ、軟便や下痢にもなります。 アレルギー疾患(花粉症など)、頻尿、夜間尿、不感症、不妊症、インポテンツなどの症状も現れやすくなります。
気滞(きたい)タイプの食養生
「気」の巡りが悪い状態です。 気滞になると自律神経のコントロールが上手くいかず自律神経が失調して精神的に不安定になります。イライラして怒りっぽい、憂鬱、不安で落ち込みやすいといった症状です。
血虚(けっきょ)タイプの食養生
「血」が不足している状態です。 西洋医学に照らし合わせると「貧血」が思い浮かびますが、東洋医学の概念は少し異なります。血液検査で異常が無くても、赤血球や白血球などの血液を構成する細胞の形や働きが悪く血液が機能していない状態を血虚、幅広い意味での「血」の不足を意味します。
瘀血(おけつ)タイプの食養正
「血」の巡りが悪い状態です。 皮膚、関節、体の末端に栄養が運ばれず新陳代謝が低下して老廃物が体に溜まりやすい状態にあります。 そのため皮膚の色が浅黒くなり関節痛、手足の冷えが出やすくなります。
気逆(きぎゃく)タイプの食養正
本来“気”の流れは上から下へと降りるのが正常な循環です。 その為、足が温かく上半身が冷えている状態(頭寒足熱)が望ましいのですが、これが逆転して下から上に逆流している状態を「気逆」と言います。

の5つをご紹介しました。

下記の項目について当てはまる点が多い方は、現在の体質は※「水滞(すいたい)」タイプです。

※症状は当てはまっても検査では違う結果が出る場合があります。脈診、腹診、舌診等の検査を用いる漢方医、鍼灸師の受診をお勧めします。

水滞(すいたい)の代表的な症状と体質

・体が重くてだるい

・めまいや吐き気

・下痢、軟便

・むくみやすい

・ニキビ、吹き出物が多い

水滞(すいたい)

水滞の特徴として新陳代謝が悪く余分な悪い水分や脂肪分老廃物が体内に溜まりやすい。
その為、体に溜まった老廃物が外に出ようとするためニキビ、吹き出物ができる、
痰が出る、おりものが増える、軟便下痢になるなどの症状が出やすくなります。

生活アドバイス

水滞になる原因には暴飲暴食油っぽいものや甘いもののとりすぎ酒の飲み過ぎタバコの吸い過ぎ水の飲み過ぎ運動不足などがあります

運動不足の方は一汗かくくらいの運動を習慣していきたいもの汗をかけば体に溜まった余分な水分や老廃物が排出され新陳代謝がアップします

また酒量を控え週に1日は休肝日を設ける
ヘビースモーカーは本数を減らす間食や暴飲暴食は止める水を飲み過ぎないようにするなど強い意志で望まなければなりません

食物繊維が豊富な海藻きのこ根菜など体に溜まった老廃物や余分な水分を体外に排出する作用があります

〇はおすすめの食材、×は避ける食材

〇根菜、海藻、きのこ、こんにゃく、バナナ、あさり、しじみ、青魚

×肉類、卵、脂っぽいもの、甘いもの、動物性脂肪

酒タバコ暴飲暴食を避け甘いもの水分を摂り過ぎない

新陳代謝を活発にする呼吸法や体操・運動を実践し汗をかきましょう。

当院の患者様はNo.3の体操を実践して下さい。

補足:栄養学的見地から
海藻(わかめ、昆布、ひじき、もずく、海苔など)

海藻に豊富に含まれるカリウム(特にわかめは豊富に含まれています)には、尿を促進する作用があり、尿が出る時にカリウムと同じ量の塩分(ナトリウム) を一緒に排出してくれます。

カリウムには、血管を拡張させ血圧を下げる効果もある事が分かっており、特に高血圧の方は積極的に摂取する事をおすすめします。

しかし、腎臓に機能障害がある方は、カリウムを排出できないので注意が必要です。

海藻には、カルシウム、リン、亜鉛、ヨードなどのミネラル、ビタミン類やタンパク質などもバランスよく含まれ、低カロリーであるため、まさに「栄養の宝庫」です。

さらに、「フコイダン」と呼ばれる成分は、免疫にとって重要なナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあります。

他にもエイコサペンタエン酸(EPA)も含まれ、血中コレステロールを減らし、血が固まってできる血栓を予防します。EPAはサバやイワシの肝油に含まれる物質として知られていますが、その魚たちは餌としている海藻からEPAを取り入れています。

I hope you have a wonderful day.

LINE@でも予約・変更を受付けております。

LINE@ID:@naosimasu

当院の患者様またはご家族の皆様
BCトータルバランスシステムの施術を受けられた方限定ネットショップ