DEAREI

名著「がんと闘った科学者の記録」を読む

この本は、戸塚さん自身が「研究者という職業柄、自分の症状を観察せずにはいられない」というように極めて客観的な視点で生涯を終える直前まで記しています。