腰痛

腰椎すべり症を改善へと導く

腰椎すべり症の方は身体の重心が安定していない、足の裏に体重が綺麗に乗っていないなどの傾向がよくみられます。 重心が足の裏ではなく足の先や踵の後ろだったりとかなりの重心偏移がみられます。

腰椎分離症はなぜ再発するのか?

当院ではなぜ腰椎の後方部分に負担が掛かるのか? 独自の検査を通して要因を分析し施術します。

地べた座りをしていると・・・

お尻が冷やされると血行の滞り(痔になりやすい)や、お尻周りの筋肉の緊張(腰痛を誘発)を生む結果になります。 筋肉は硬く冷たい物に圧迫され続けると筋硬結(筋肉が病的に硬くなった状態または筋繊維の膠着)を生ずるという研究結果が出ています。

妊娠中・産後の方の施術

出産後3カ月の方が来院されました。症状は肩こり・腰痛等。 検査するとかなりの反り腰になっており、つま先に重心が偏っていました。
下肢

捻挫の早期改善&癖にさせないために

挫は、ひどい場合だと数か月、あるいは数年間、長期化し違和感や痛みを伴いつづけることもあります。 しかも、腫れや痛みが無くなっても足関節の可動域は低下しているので適切な対処をしていないと膝や腰に負担が掛かり新たな痛みを生む可能性があります。
タイトルとURLをコピーしました