〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松1丁目12-20
大元駅から徒歩5分 駐車場:5台

  日祝
8:30~12:00
16:00~20:00
お気軽にお問合せ・ご相談ください
086-243-8003

長距離運転で腰を痛める方の共通ポイント

少しのポジションの違いが

お仕事での出張やお盆・お正月の帰省での運転。
目的地までの長距離・長時間の運転は、腰痛持ちの方にとっては非常に辛い試練の時間ではなしでっしょうか?
更に渋滞などでトロトロ運転を強いられると・・・・想像するだけで恐ろしくなります。
オートクルーズなどの機能は運転の負担軽減にはなりますが、長時間座り続ける事には変わりありません。

お盆・お正月休みが終わると、この時季は腰痛で来院される方が多く来院されます。
腰痛持ちの方が知らないうちに長距離運転で負担をかけているポイントを私の臨床経験から述べたいと思います。

ドライビングポジション

「クルマの運転の基本 ~正しいドライビングポジション~」Gazooより

知らず知らずに腰に負担を掛けるポイント

  • 座った時におしりとシートの間の隙間が大きい。理想は隙間が出来ないように深く腰掛ける。
  • 左足をフットレストに置いていない。フットレストに足を置かないと足首が伸びた状態になり疲れやすくなる。
  • 右足が浮いている。右足の踵をフロアに着けずにアクセルペダルに乗せていると、腓腹筋、ヒラメ筋、大腿直筋などの部位が常に緊張し続けて疲労が溜まりやすくなります。

上記3点が良く見られます。

腰の負担が少ない運転姿勢はハンドルに対して身体を真っすぐに正対することです。

おしりとシートの間に隙間が大きい方、左足をフットレストに足を乗せない方または右足の踵が浮いている方は、身体を捻った状態で運転をしている方が非常に多いです。

ドライビングポジションについては、下記をクリックして頂くと詳しく分かりやすくまとめられています。

こまめに休憩を取る

・1時間運転をしたら休憩を心掛ける

連続運転をせず、1時間毎に休憩を取りましょう。

私は、混雑が激しいサービスエリアは避け、パーキングエリアを狙って休憩を取るようにしています。

パーキングエリア内を散歩したり、飲み物を摂取したり身体を労わりましょう。

これらの注意点を守るだけでも腰の負担はかなり違ってきます。

ハンドルに対して身体を捻じらないと落ち着かない方、シートに深く腰を掛けることが出来ない方は、施術を受ける事をお勧めします。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
086-243-8003

受付時間:午前 8:30~12:00/午後 16:00~20:00
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

086-243-8003

<受付時間>
午前 8:30~12:00/午後 16:00~20:00
※土曜午後・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/05
ホームページを公開しました
2022/07/04
「施術のご案内」ページを更新しました
2022/07/01
「アクセス」ページを作成しました

しらかわ整骨院

住所

〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松1丁目12-20

アクセス

大元駅から徒歩5分
駐車場:5台

受付時間

午前 8:30~12:00
午後 16:00~20:00

定休日

土曜午後・日曜・祝日