長距離運転で腰を痛める方の共通ポイント

お盆の帰省などでの長距離・長時間の運転、腰に辛いですよね。

更に渋滞などでトロトロ運転を強いられると・・・・想像するだけで怖いですよね。

お盆休みが終わると、腰痛で来院される方が増えます。

腰痛の方が知らないうちに長距離運転で負担をかけているポイントを私の臨床経験から述べたいと思います。

ドライビングポジション

運転姿勢

「クルマの運転の基本 ~正しいドライビングポジション~」Gazoo

・座った時におしりとシートの間の隙間が大きい。理想は隙間が出来ないように深く腰掛ける。

・左足をフットレストに置いていない。フットレストに足を置かないと足首が伸びた状態になり疲れやすくなる。

上記2点が良く見られます。

腰の負担が少ない運転姿勢はハンドルに対して身体を真っすぐに正対することです。

おしりとシートの間に隙間が大きい方、フットレストに足を乗せない方は、身体を捻った状態で運転をしている方が非常に多いです。

ドライビングポジションについて詳しく分かりやすくまとめられています。→「クルマの運転の基本 ~正しいドライビングポジション

こまめに休憩を取る

・1時間運転をしたら休憩を心掛ける

連続運転をせず、一時間毎に休憩を取りましょう。

私は、お盆休みなどで混雑が激しいサービスエリアは避け、パーキングエリアを狙って休憩を取るようにしています。

パーキングエリア内を散歩したり、飲み物を摂取したり身体を労わりましょう。

これらの注意点を守るだけでも腰の負担はかなり違います。

ハンドルに対して身体を捻じらないと落ち着かない方、シートに深く腰を掛けることが出来ない方、施術を受ける事をお勧めします。

I hope you have a wonderful day.

LINE@でも予約・変更を受付けております。

LINE@ID:@naosimasu

当院の患者様またはご家族の皆様
BCトータルバランスシステムの施術を受けられた方限定ネットショップ

シェアする

☆フォローしていただくと更新情報が届きます!!